2010年06月20日

輸入住宅の知らないことを解決。

住宅地(じゅうたくち)は、土地の利用区分の一形態で、人間の定住を目的とした構造物を建設するために開発・制定した土地のこと。住宅顕信(すみたく けんしん、 昭和36年(1961年)3月21日 - 昭和62年(1987年)2月7日)日本の俳人。住宅金融専門会社(じゅうたくきんゆうせんもんがいしゃ)は本来、個人向けの住宅ローンを主に取り扱う貸金業、ノンバンクの一業態である。また、自己が所有し居住する持ち家と、他人が所有する住宅を借りて居住する貸家(貸間)・賃貸住宅に分けることもできる。住宅展示場(じゅうたくてんじじょう)は、一戸建て住宅を建築する際の比較検討のために、輸入住宅 兵庫実際の住宅を建てて展示してある場所。 ベッドタウン(”bed town”は和製英語、英語では”bedroom town,dormitory town,satellite town”)とは、都心への通勤者の住宅を中心に発達した、大都市周辺の郊外の衛星都市のこと。生活保護制度の受給が決定した対象者が居宅するために必要な敷金・礼金等の入居前の準備金は元より、家賃・間代・地代等の支払い、更に更新時の費用が生じた際、家屋の改修や補修、その他住宅を維持する必要があるときに行われる扶助である。住宅という高額商品のためか、部屋に上がると住宅メーカー営業マンの売込みなどが激しく、じっくりと住宅を見る余裕はないといわれる。
posted by あれん at 07:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。